事故直後からサポートをして、夫婦ともに後遺障害の認定を受けて総額750万円の賠償金を獲得した案件

首・頚椎

頸椎捻挫、腰椎捻挫 14級

保険会社提示額 最終獲得額
0 750

ご相談内容

被害者 30代会社員男性、30代会社員女性
部位 頸椎、腰椎
傷病名 頸椎捻挫、腰椎捻挫
後遺障害等級 14級
獲得金額 750万円

夫婦で車に乗っていたところ、ノーブレーキで車に追突された。事故直後であるが、夫婦ともに首と腰に痛みがある状況である。将来的に適正な賠償金を得たい。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 10級
入通院慰謝料 0 190 190
休業損害 0 150 150
逸失利益 0 210 210
後遺障害慰謝料 0 200 200
合計 0 750 750
単位:万円

※上記は夫婦合わせての金額

受任したのは、事故直後の段階でした。ご夫婦ともに頸椎捻挫及び腰椎捻挫で痛みが強いとのことでしたが、一方でお仕事も多忙であるとのことでした。当職は、痛みを我慢して病院に通わない場合は慰謝料の算定や将来の後遺障害認定について不利益が及ぶ旨を説明しました。

また、通院する場合は仕事の都合でご夫婦で別々の病院に通いたいとのことだったので、その点は問題ない旨を説明した。

治療から6か月が経ち、症状固定の段階になってもご夫婦ともに痛みが取れなかったので、後遺障害の申請をすることにしました。

後遺障害診断書の作成については、自覚症状の全て、ジャクソンテストやスパークリングテストの結果、画像所見等を主治医に丁寧に記載してもらうよう伝えて、詳細な後遺障害診断書を作成してもらいました。そして後遺障害を申請したところ、ご夫婦ともに後遺障害14級の認定を受けることができました。

認定された等級をもとに、慰謝料や逸失利益の点で弁護士基準での最大限の請求をおこない、交渉の結果、ご夫婦で総額750万円の賠償金を獲得することに成功しました。

解決内容

入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益を合わせて、夫婦合計で総額750万円の賠償金を得ました。

所感(担当弁護士より)

当事務所は交通事故の被害者側請求を専門にしている法律事務所であり、交通事故の被害に遭った後、どの段階であっても相談及び受任が可能です。

事故直後から当事務所のサポートを受けるメリットとしては、将来の損害賠償請求を見据えて通院等についてもアドバイスができることです。

例えば、身体に痛みがある状況であっても、仕事が多忙である等の理由で通院回数が少なくなると、将来の請求や後遺障害の認定において不利となります。

本件はこれらの点をアドバイスさせていただいたことが功を奏して、ご夫婦ともに後遺障害の認定を受けて多額の賠償金を獲得した案件です。

その他の解決事例

無料相談申込みフォーム
トップページへ