法律事務所選びが後遺障害等級認定を左右します。交通事故に強い法律事務所はここが違います

交通事故による怪我の後遺障害が残存した、保険会社から後遺障害等級認定の提案があった、そのような場合、必ず弁護士へご相談ください。それは後遺障害に関する損害賠償の金額を増得る可能性があるからです。ただし、選ぶべきは交通事故専門の法律事務所です。ここでは、後遺障害等級認定をも左右する、交通事故に強い事務所とはどのような事務所かを説明します。

交通事故に強い法律事務所を選ぶメリット

交通事故を専門に扱ってきた法律事務所は、解決した事案の件数が豊富で、後遺障害の事案に関してもさまざまな見通しや解決のための対策を被害者である依頼者へ提示できます。また、被害者の方が直接保険会社と示談をした場合と弁護士が保険会社との交渉にかかわった場合では、弁護士が示談交渉に介入したほうが、被害者の方が受け取れる賠償金額が多くなるのです。
さらに示談金の支払いが早まるというメリットもあります。弁護士が示談交渉に介入すると保険会社も素早い対応してきます。例えば、保険会社は弁護士に必要書類を早めに送り、弁護士も手続きには慣れているから迅速に書類を処理します。そうすることで時間ロスがなくなり、示談金の支払いまでの時間がおのずと短縮されるのです。
交通事故専門の弁護士に依頼するということは賠償金の受け取り金額や受取時期を左右することになる重要なことなのです。

当事務所の後遺障害等級認定に対する取り組みについて

以上を踏まえ、当事務所による交通事故の後遺障害等級認定に対する取り組みをお伝えします。

顧問医がいる

後遺障害等級の認定は医学的な要素のウェートが非常に大きいものです。当事務所では、整形外科医と顧問医契約を結んでおり、後遺障害等級の認定において、被害者の主治医が記す診療内容や診断書の中身、交通事故との因果関係など意見や、効果的な検査や診断、治療についてのアドバイス、被害者が主治医や医療機関にストレスを感じているような場合他の医師や医療機関を紹介など、被害者へ医学的なあらゆる面にフォローやサポートしています。
当事務所の顧問医によるフォローやサポートにより、、他の法律事務所では後遺障害が非該当になったり、下位等級で認定された事案で、後遺障害が認定されたり上位の等級を認定された事例があります。また、その結果、被害者が受け取った損害賠償金が1000万円以上増額したケースもあります。

柔軟な後遺障害の申請サポート

当事務所では、後遺障害の事前認定と被害者請求、どちらの場合でもサポートを行っています。保険会社による事前認定で後遺障害の等級が認定される場合は非常に多くあります。しかし、当事務所では「被害者請求のほうがいい」と言い切れると考えていません。それは事前認定でもきちんと結果が得られることもあるので、依頼者の要望に合わせて後遺障害等級認定をサポートいたします。

異議申し立てをサポート

後遺障害認定申請で納得のいく結果にならなかった場合には被害者請求によって異議申し立てを行います。当事務所では、後遺障害等級認定で不当または納得のいかない結果が出たとき、顧問医が新たな意見書を添付し、診断書の記載内容も再度精査して申請し、適正な等級を得られるようしております。実際に異議申し立てを実施し、後遺障害が非該当だった障害が12級と認定されたこともあります。当事務所の弁護士が適正な等級でないと感じたら、診療記録を精査し、法的主張を整え異議申し立てをサポートいたします。

後遺障害等級認定であれば当事務所にご相談ください

もし、交通事故による後遺障害等級認定が認定されても、保険会社から提示された示談金額のまま、示談をするのはやめたほうがよいでしょう。このような場合、弁護士へ相談することをおすすめします。
しかし、相談する弁護士はだれでも「OK」ではありません。必ず、交通事故専門の弁護士がいる法律事務所を選んでください。

繰り返しになりますが、弁護士がもっている知識・経験、そして弁護士事務所が提供できる情報によって、被害者の方が手にできる成果はおのずと違ってきます。その結果、受け取れる賠償金が1000万円くらい違ってくる場合もあります。

後遺障害の等級認定についてお悩みの方は、交通事故に強い弁護士がいる当事務所へご相談ください。

無料相談申込みフォーム
トップページへ