交通事故問題を弁護士に相談するタイミングはいつがいいのか?

「交通事故の問題を弁護士に相談するタイミングは?」と聞かれたら「事故後のできるだけ早い段階で来てもらうのがおすすめ」と回答していますが、「いつ頃来てほしい」という希望は当法律事務所としてはあまりありません。相談をしようとお考えなら、必ず「示談する前」であればどのタイミングで来られても得することになります。

交通事故の相談の流れ・相談のタイミング

当事務所の初回相談は無料となっております。事故の状況の詳細をお聞きし、ここでしっかり見込みを提示します。
保険会社から「治療の打ち切りを言われた」タイミングでの相談に来られる例がいちばん多いと思われます。次は、「治療が終わって後遺症の申請をしたい」、あるいは後遺障害の認定が出たタイミングが多いようです。示談前ならどのタイミングでもかまいませんが、おすすするのは、事故後のできるだけ早い段階です。事故直後でなくても治療継続中であってもかまいません。

(1)早い段階で相談するメリット

事故後1週間後くらいの間で相談に来られると、後に損害賠償することを念頭に置いた治療の適切な受け方、例えば診察の際、痛みや体の不自由さなどの主訴を正確に医師に伝えて、カルテの記載を詳細に行ってもらうなどのアドバイスを行うことが出来ます。
また、想定される後遺障害認定に適した通院頻度についてもアドバイスが可能です。仕事が忙しいなどの理由で通院しないのは厳禁です。治療期間に欠落期間があると怪我と事故との因果関係を疑われ、万が一後遺症が残っても後遺障害と認定されないことがあるからです。
また、治療費や交通費の領収書やドライブレコーダーなどの証拠も事故直後の早い段階なら散逸することを防げます。

(2)治療費の打ち切りを保険会社から通告された場合

治療費の打ち切りを保険会社から通告された場合、被害者の方から怪我の状況や事情を聞き、まだ症状が残っているなら治療期間を延ばす交渉を保険会社とします。その結果、1~2カ月程度だったら治療費の支払いの継続を延ばすことができます。
同時に主治医に治療状況や症状の経過を確認し、主治医が症状固定と考えているなら後遺症の認定に切り替えていくなどの方向性を決めていきます。
ほかにも治療の余地があるのに保険会社が治療費の負担を応じないとき、医療機関への治療費の支払いを一旦健康保険で支払い、後の損害賠償請求において治療費も精算するなどを計画します。

後遺障害の認定手続きで重要な点

「治療が終わって後遺症の申請をしたい」あるいは後遺障害の認定が出たら必ず相談してください。交通事故の専門家である弁護士が治療記録を見れば認定の見込みがあるかどうかはだいたい予測できますし、後遺障害診断書に必要な記載が為されているかを確認できるからです。もし診断書の記載事項、画像所見や神経学的検査の検査結果の記載漏れがあれば「こういう検査を受けてください」とか「診断書にこういうことを書いてもらってください」というアドバイスをします。また症状が一貫していることが大事なので、症状を我慢して医師へ訴えなかったとしても、治療期間中症状が残存していたことをカルテや診断書に記載されるよう助言をします。

後遺障害が否認された場合や想定していた等級が非該当となったときでも、依頼者である被害者と一緒に主治医のところに行って意見書の作成を依頼して、画像所見も書いてもらい、弁護士が法律的な主張を行い、異議申し立てを実施します。

示談交渉を有利に運べる

弁護士が示談交渉をできるメリットは、保険会社へ「裁判をしたらこうなるから、もう少し示談金を引き上げたほうがいいのではないか」と裁判をしたときに保険会社が負うリスクを整理して伝えることができることです。こうして裁判基準に最大限近い金額を獲得することは弁護士でなければできない仕事なのです。
時には訴訟を選択しなければならない場合があります。例えば、保険会社が明らかに不当な金額を提示しているときや訴訟をしなければ保険金が出せないとき、加害者側が不当な請求をしているときです。
訴訟をするかどうかの判断は依頼者である被害者が主導となるので、訴訟のデメリットである時間がかかるということを依頼者の気持ちの中にあるかどうかを確認の上、示談で取るべく金額と訴訟になって取れる金額をあらかじめ提示します。当事務所は訴訟することを厭いません。もちろん被害者には現状を細かく説明した上で、対策を講じ、見込みをできるだけ詳しく正確に伝えることを大切にしています。

交通事故はお早めにご相談ください

当事務所の初回無料相談を気軽に利用していただきたいと考えています。弁護士に頼もうという気持ちがあるなら、ためらわずに早期に相談に来ることをおすすめします。事故直後でなくとも示談する前であれば、いつ相談しても手遅れではありません。被害者であるあなたにとってメリットが大きいということをお約束します。

無料相談申込みフォーム
トップページへ