交通事故問題を当事務所に依頼するメリット

当法律事務所は交通事故を専門的に豊富な件数を、力を入れて取り組んでいます。事務員が対応したり入ったばかりの新米弁護士が対応したりする大手事務所とは異なり、依頼者の方が代表である弁護士に直接話や相談できる大きな安心を得ることができる事務所です。

事務所のこだわり

当事務所は事故に遭われた被害者の方がゆっくり落ち着いて、生活の悩みやご自身の心が傷ついている状況をお話しできる雰囲気づくりにこだわっております。

ご相談時には、被害者一人ひとりの話をじっくり聞き、丁寧に対応し、メモをしっかりと残します。事実だけを淡々と聴取するわけではなく、被害者の感情によりそいながら、受傷による痛みや生活の悩みについても耳を傾けます。依頼者が事故とは関係ないと思っていることであっても実は関係あることも多いので、依頼者のいうことを聞きもらしません。裁判の際には依頼者の話や痛みや苦しみをまとめて訴えることが、裁判を有利に運ぶことができるのです。

2.交通事故に強い事務所はここが違う

(1)弁護士が代わって交渉

交通事故の事案では、本来払われるべき金額が払われずに案件が終了するケースが非常に多いのです。それは法的知識の乏しい依頼者つまり被害者の方が、知識に長けた保険会社の担当者と1対1でやりとりをし、それが被害者にとって本来払われるべき金額が払われずに終了になる一因ではないかと思います。そうした弱者である被害者に代わり、法律知識を駆使して損保会社担当者と交渉するのは弁護士としての本分であり、社会的意義のある法的サービスと考えています。

保険会社との対応は一般の方にとっては大きなストレスになることが多いものです。だから受任契約を結んだ段階で多くの被害者の方がホッとされます。弁護士に依頼すると保険会社からご自身に連絡がくることが一切なくなり、そのことに依頼者の方は安堵されるのです。それは当事務所が交通事故に強い事務所だからなのです。

(2)顧問医がいます

当事務所では整形外科医と顧問医契約をしています。後遺障害の異議申し立てのときや裁判になったとき、顧問医がいるメリットが発揮されます。異議申し立てでは、主治医が意見書を書いてくれないこともありますが、顧問医が介在することで主治医に対する診断書の記載の要望が容易になります。また訴訟の際、保険会社の顧問医からの意見書が出てきたら、専門知識を踏まえた的外れとならない反論などを作成することもできます。必要な専門知識に簡単にアクセスできるのも交通事故に強い事務所だからできることです。

(3)判例検索ソフトもそろえている

裁判になると、判例タイムズや赤い本、青い本だけでは対応できません。過去の裁判例、判例がもっとも重要なるのです。当事務所では交通事故専門の判例ソフトを導入しています。検索できる判例の量が多いので、判例タイムズや赤い本、青い本にも載っていない事例や類似の過去の判例を把握できます。交通事故に強い事務所ならでは質の高い解決に結びついています。

(4)損害賠償の請求だけが被害者のサポートではない

例えば、過失相殺で減額される部分に人身傷害保険が充当されるという判例があるように、依頼者が人身傷害保険に加入している場合、先に人身傷害保険から保険金を受け取ってもらうようアドバイスをします。労災の給付や介護保険の申請、福祉サービスの調査や助言などのサポートも実施しております。損害賠償の請求ではない、こうしたサポートやアドバイスも交通事故専門の法律事務所では当たり前の知識なのです。

3 賠償金の増額が迅速に望めます

弁護士が保険会社との交渉に介入することで人身事故のほとんどの案件で慰謝料が増額になります。経験豊富な弁護士から保険会社が負うことになるリスク、訴訟になれば「こうした金額が認定されることになる可能性が非常に高い。だからこれくらいまで示談金を上げるべきでしょう」という具体的な説明されると相手の保険会社は反論の余地がなくなるので賠償額が上がりやすくなるのだと思います。
また、解決への時間が早まるというメリットもあります。弁護士が入ると、保険会社も素早く対応します。必要な書類を早めに送ってき、弁護士も迅速に処理するので時間ロスがなくなり、解決までの時間はおのずと短縮されます。
無料相談の際に、どういう決着になりそうかという見込みを可能な限り、具体的に説明しながら提示をできるのも交通事故に強い事務所ならではのことです。

4 当事務所の報酬システム

当事務所は、初回相談料0円・着手金もゼロ、成功報酬型のシステムを採っています。
初回相談は無料となっております。事故の状況の詳細をお聞きし、ここで被害者の方が損をしないかどうか見込みを丁寧ご説明いたします。
費用面は、依頼者ファーストを徹底した完全成功報酬制です。賠償金が増額されない等の成果が出ない場合は弁護士費用の請求をいたしません。
依頼者である被害者に決して損をさせない自信のある案件しか受任しません。被害者の力になりたい、裏返せば被害者の力になる自信があるのが交通事故に強い事務所なのです。

おわりに

損害賠償面ではあるべき適正な金額に引き上げることにやりがいや使命感を弁護士として感じています。保険会社による示談代行制度があるものの、被害者の方が損をした状態で事故解決がなされています。そういった日本の交通事故解決の現状を弁護士としてなんとかしたいと思っております。
弁護士費用特に加入されている方は金銭的なリスクはありません。交通事故の解決にお悩みなら是非、当法律事務所へご相談ください。

無料相談申込みフォーム
トップページへ